リハビリテーション

リハビリテーションでは、先天的に心身に障害のある人や、病気や事故により何らかの障害を持った人に対し、あらゆる方向から援助し、低下してしまった身体機能、特に関節機能や筋力などを可能な限り回復させることを目的として治療を行います。同時に残った機能が低下することを防止しながら、日常生活にできるだけ支障が生じないようにしていきます。

当院では厚生労働省より、運動器リハビリテーション(Ⅰ)の施設基準の認可を受けています。施設基準は「スタッフの人数や種別」「施設の広さや機器の整備」等により基準が設けられ、修得した施設基準により提供できるリハビリ内容がかわってきます。
当院では平成29年7月から、運動器リハビリテーション施設基準が(Ⅱ)から(Ⅰ)への認可変更にともない、広いリハビリスペースと充実した設備のもと、専任医師をはじめ、経験豊かなリハビリ専門スタッフによる、より充実したリハビリテーションを受けていただく事が可能となりました。

PT_room_.jpg


リハビリテーションで治療する疾患

各種スポーツ障害
膝痛、腰痛などの各種疼痛疾患
骨折後の関節拘縮
人工関節、靱帯断裂などの手術後の機能回復
脳卒中やパーキンソン病などの神経系疾患など
上記の対象疾患は代表的な一部です。お気軽にご相談ください。


治療法について

当院では、常勤理学療法士により日常生活に支障を来している患者さまの生活復帰までをお手伝いする一般リハビリテーション、更に一歩進んだスポーツ復帰を目的としたスポーツリハビリテーション、競技復帰を目的としたアスレチックリハビリテーションさらには、痛みや循環の改善に対する治療機器を用いた物理療法を行っております。
物理療法の各種治療機器についてはホームページ内のリハビリ機器のご紹介をご参照ください。


スポーツリハビリテーションとは

当院では、少年期のスポーツ障害から、高校・大学の競技レベル、一般のスポーツ愛好家の方々まで、それぞれのレベルに合わせたスポーツにおける痛みに対して治療を実施しております。アイスホッケー、野球、サッカー、陸上、ソフトボール、バスケットボール、バレーボール、ゴルフ・・・等。
各々の競技特性を考慮した上で、ストレスを軽減・除去していけるよう基本的なストレッチの指導から、フォームチェックまで、患者さまのニーズに合わせて治療を進めていきますので、現在お悩みの方は是非ご相談ください。


1.gif


患者さまがお困りの症状について、理学療法士の力だけで改善していくことは難しいです。目標に向かい、患者さまとの二人三脚で治していくものだと思います。一緒に治していきましょう。

常勤理学療法士 西村 有加



 

 

理学療法士は動作の専門家です。日常生活の自立を目的に、運動療法や物理療法等を用いながら動作改善を目指します。私は身体面だけでなく精神面からもサポート出来るようお手伝いさせていただきます。                   


常勤理学療法士 矢野 弘幸



 

皆さまが来院されるのには様々な理由があると思います。安全かつ積極的にリハビリができるよう、スタッフと連携し、患者さまとコミュニケーションを日々とりながら進めていきたいと思います。同じ目標に向かい、笑顔になれるよう共に頑張っていきましょう。


常勤理学療法士 矢野 正太郎



1.gif


完全予約制の個別でみっちりとみなさまに寄り添った理学療法を行います。各症状の改善から正しい姿勢や体の使い方を習得し、診療後には「楽に動ける!」と体の回復を実感していただけるように努めます



理学療法士 内藤 智子