おかだ整形外科クリニック | 兵庫県神戸市兵庫区荒田町 :: 整形外科・スポーツ整形外科

整形外科・スポーツ整形外科

整形外科・スポーツ整形外科では、骨・関節などの骨格系と筋肉、神経系を含む「運動器」の機能的改善を重要視して治療をおこないます。
当院ではスポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表されるケガ、打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷などの外傷、加齢とともに変形性変化を伴う症状、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常などを主な対象としています。
また、高齢の方のQOL(生活の質)を保つためには、運動器の問題を早期に発見して運動器リハビリテーションや治療的介入が大切です。そのため、歩行・移動能力の低下のために転倒しやすい、あるいは閉じこもりとなり、日常生活での障害を伴うようなことにならない様アドバイスいたします。

5101796a.jpg


《整形外科とは》

【整形外科で治療する病気】
骨折や捻挫などの外傷(ケガ)
上肢、下肢や体幹部の骨折、捻挫などの外傷(ケガ)
関節の病気・リウマチ
 股関節、膝関節、足関節、肩関節、肘関節、手関節などの加齢性の関節症、リウマチや外傷(ケガ)など
脊椎脊髄の病気
 頚椎、胸椎や腰椎部の痛み、変形、下肢のしびれや麻痺、骨粗しょう症、脊椎の外傷(ケガ)など
上肢の病気
 肩部、肘部や手指の痛み、変形、運動障害、しびれや外傷(ケガ)など
下肢の病気
 股関節から足先までの痛み、変形、運動障害、しびれや外傷(ケガ)など
スポーツ障害
 青少年の野球やサッカーなどのスポーツに伴う外傷(ケガ)や痛み、および中高年者のレクリエーションスポーツやウォーキングなどに伴う痛みなど
小児の整形外科的な病気
 小児の脊柱変形、上肢、下肢の変形、歩行障害や関節の痛みなど
骨・関節・筋肉などの腫瘍
 小児から高齢者までの、上肢や下肢や体幹部の腫瘤や痛みを来す腫瘍性の病気
陥入爪、巻き爪、たこ、ウオノメ
上記の対象疾患は代表的な一部です。お気軽にご相談ください。

【診断について】
問診・診察を行い、X線撮影・血液検査などを併用して診断していきます。必要な時には、更なる検査としてMRIやCT (他施設に依頼)なども実施しております。

【治療法について】
局所の安静(ギプス固定など)や、痛みどめ・湿布などの薬による治療から、注射による治療を行います。同時にリハビリを併用し、出来るだけ早期の機能回復を目指します。
大きな手術が必要な場合は当院より神戸大学病院、三菱神戸病院、川崎病院、神戸百年記念病院などにご紹介させていただきます。


《スポーツ整形外科とは》

同じスポーツを長期間続けると、体の一定部位に負担がかかってしまうことがあります。そうして起こる障害をスポーツ障害(急性スポーツ外傷)と呼びます。成人だけではなく、成長期の子どもにもよく診られる障害です。またサッカーやラグビーに代表されるような接触が多いスポーツでは、骨折や脱臼、捻挫などのスポーツ外傷(慢性スポーツ外傷、オーバーユース症候群)が起こります。これらの障害や外傷はアスリート特有で、筋肉、靭帯、関節、神経の炎症や損傷、骨の変形などさまざまな症状を呈します。

【治療法について】
当院ではスポーツ整形外科の専門医と理学療法士が中心となり身体状況を把握し、痛みの原因を明確にすることで、個々に応じた運動メニューの作成および個別のリハビリテーションを行っております。さらに、正しいフォームで正しい筋肉の使い方をマンツーマンで指導し、各個人が、痛みを管理しながらスポーツを続けられるようストレッチ指導やテーピング指導も行なっております。